「アリラン 土橋店」 真っ当な「B級グルメ店」 72

冷麺(ネミョン)”シリーズの最後は、土橋の2店舗目、”アリラン 土橋店”をご紹介します。


既に、この地で開業して50年を越しました。


今の新しい店舗(全体がビルになっています)になってからでも5年目になりました。


松山を代表する韓国料理店の一つでしょう。

玄関1   この土橋店以外にも、旧11号線の小坂1丁目に”焼肉アリラン”店があります。


午前11時からランチタイムで営業していますが、やはり”焼肉店”のイメージが強いのか、昼間は混んでいません。


ゆったり落ち着いて楽しめます。

ランチメニュー2   ランチメニューには、ビビンバや焼肉セットが並んでいますが、夏季限定で”韓国冷麺”があります。


値段は、単品で740円。ご飯や飲み物がセットになっていると850円。


ワタシは単品メニューを注文しました。

店内3   店内はお昼前だったので、静かでした。


静かな環境の方が、写真が心置きなく撮れるのでこちらとしては嬉しいのですが・・・・


それにしても、最近の韓国料理店は清潔で、焼肉の匂いも気にならないほど換気が行き届いている。


お店の中のBGMには、洒落たジャズがかかっていました。

コチジャン4   さて、”冷麺(ネミョン)”です。


冷麺と一緒に出てきたのは、”お酢”と”コチジャン(唐辛子味噌)”です。


この”コチジャン”の、まあ赤唐辛子が効いた色と味。


痺れる辛さです。でも、その辛味の中に深みがある味です。


お客さんが自分の好みに合わせて、味を調えるスタイル。


韓国では一般h的なスタイルです。

冷麺5   綺麗に盛り付けられた”韓国冷麺”の表情です。


具材は、スイカ、オイキムチ(キュウリのキムチ)、ペクキムチ(白菜のキムチ)、錦糸卵、そしてお決まりの”茹で肉”です。


オーソドックスな具材で、うず高く積み上げられて出されます。

冷麺アップ6   麺はもちろん韓国麺で、独特の歯応えと弾力があります。


このお店の”冷麺”のポイントは、何と言ってもそのスープの味にあります。


トンチミ”をベースに、茹で肉から出た出汁と、タップリ混ぜいれたコチジャンの混ざり合った深い味わい。


それに、加えたお酢の味が、全体の味を引き締め清涼感漂う味に仕上がっています。


冷麺はキリキリに冷やされた金属製の器に盛られていますが、一緒に出された”お酢”と”コチジャン”も、ちゃんと冷蔵庫で冷やされたものが出されます。


細やかな心遣いに、伝統の”おもてなしの心”を見た思いがしました。


これで”冷麺(ネミョン)シリーズ”の5店舗のご紹介を終ります。


今週の”冷麺”シリーズの反応はイマイチでした。やはり、余りなじみがないのかなあ?


今日は、梅雨の中休みのようで久しぶりに太陽が朝から照り付けています。でも、そうなると猛暑に・・・・


体のバランスがとり難い季節ですね。今日も美味しいものを食べて乗り切りたいですね。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

夏の暑い時に食べる、韓国令麺や盛岡令麺、大好きですよ(*^-^*)
何時も家で作って食べますが、汗が引きますね(笑)

今度本場へ行って食べて見たいものです。
ビビンバは本場で食べて来ましたが、令麺は
食べられなかったのです。
行った時が、余りにも寒過ぎて(^m^ )プッ

おはようございます

ベル様
コメントありがとうございました。
ワタシは徹底的な”麺食い”で、麺類なら毎日でも、毎食でも。
職場でもあきれ果てた顔をされます。
でも、食べたいときに食べられる幸せは何ものにも代えがたい。
やっと、晴れてきましたね。
これから、鳥たちをバンバン撮影ですね。
熱中症にはお気お付け下さいね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード