スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長浜一番」 真っ当な「B級グルメ店」 89

今日は三津地区にある、九州豚骨ラーメン系の人気店”長浜一番”をご紹介しましょう。


松山市内に数多くある九州系”豚骨ラーメン”のお店の中で、ワタシの個人的観測では歴史と人気において”ナンバーワン”のお店ではないかと思います。


個人的には"豚骨ラーメン”は好きではありませんのでほとんど行きませんが、このお店だけは複数回行っています。

玄関1   玄関に華やかさはありません。


極ゴク、平凡です。


でも、昼時は玄関前に行列が出来ています。


開業以来15年が経つラーメン店では珍しい光景ではありませんか?

メニュー2   メニュイーは至ってシンプル。


長浜ラーメン”と”餃子"だけです。


後は、”高菜”と”紅しょうが”、それに”胡麻”を入れるか入れないか?


麺の硬さをどうするか?を選択するだけ。


これだけのメユーで、15年やっているんです。それだけで十分驚きです。

高菜3   お店のテーブルには、大き目の容器に”高菜”と”紅しょうが”と”胡麻”が自由に取れるようにあちこちに置いてあります。


どれだけラーメンに投入しようと勝手です。


自分なりの味を作ることが出来ます。

ラーメン4   さて、注文したのは看板メニューの"長浜ラーメン”です。


お値段は500円。うれしい"B級値段”ではありませんか。


長浜ラーメン”の発祥の地は、福岡市中央区長浜地区です。


この地域には、”福岡市中央卸売市場鮮魚市場”があり、主に市場関係者向けとして人気を博していました。


この”長浜ラーメン”の特徴は、競(セリ)の合間に食べるために素早く茹でられる”極細麺”、麺だけの追加注文の”替え玉”それと”味の濃いスープ”とされています。


このお店の麺も極細麺で、替え玉も注文できます。

高菜投入5   ”長浜ラーメン”を食べ進む途中に”高菜”を投入しました。


この"高菜”は、高菜の漬物を発酵させて”旨み”を引き出した優れものです。


ちょっと多すぎるのではと思うくらいの量を投入しても、発酵が進んでいるので塩辛さは感じません。

ラーメン高菜入り6   ”高菜"投入後に、たっぷりかき混ぜました。


思いの他アッサリした”豚骨スープ”に、発酵した”高菜の酸っぱさ”が加わって、夏にはピッタリのスープに変わります。


豚骨スープの味を楽しみ、更にはやや酸味がかった味に変身した”まろやかスープ”を楽しむのがこのお店の楽しみ方。


二種類のラーメンの味を楽しむことが出来ます。


お客さんは、このお店の美味しい味をしっかり知っているのです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。