スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「線路は続く」 ⑦

今日は久しぶりに”線路は続くよ”シリーズをお届けします。


今日の舞台は、予讃線の向井原駅から別れ、長浜を経由すして大洲に至る線路が舞台です。


今日のテーマは、予讃線の”下灘駅”の前後にある”鉄橋”です。

鉄橋1   この鉄橋は双海町串にあって、鉄橋の下をくぐって山に分け入る県道54号線の上を通っています。


県道54号線は、曲線だらけの急な県道で、”朝が峠”を経て内子町で国道56号線と合流します。

鉄橋2   次の鉄橋は、双海町串から喜多灘にむかう”夕やけこやけライン”の途中に架かっています。


向井原駅から大洲駅に至る鉄橋の中では、最も長い鉄橋の一つだろうと思います。

鉄橋と伊予灘3   鉄橋の下に見えるのは、”夕やけこやけライン”に架かる陸橋です。


この”夕やけこやけライン”が通じる前は、伊予灘に落ち込む山裾にへばりつくような難路が長浜まで通っていました。


ですから、喜多灘付近は言わば"陸の孤島"状態で、長浜に出るのも伊予市に出るのも一苦労でした。

鉄橋と伊予灘4   高校2年の夏、松山を自転車で出発し、難路であったこの旧道を通り、長浜町、三瓶町、明浜町を経由して郷里の野村町まで帰ったことがあります。


一泊二日の自転車旅行でした。


考えてみれば、大学時代に東京から自転車で郷里まで7泊8日の旅をした予行演習でした。

線路は続く5   この画像は、予讃線の”五郎”から大洲に向かう途中の鉄橋に向かう踏み切りから撮ったものです。


ここから、”夕やけこやけライン”(県道24号線のこと)は予讃線と並行して走る区間が終わり、大洲市で国道56号線と合流します。

鉄橋6   この画像は、肱川の支流に架かる予讃線の鉄橋です。


高校時代から、還暦を過ぎた今に至るまで、鉄道を見ると目が光り、心躍らせる気持ちは変わっていないようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

今で言う、鉄ちゃんでしょうか(^_^;)
最近は鉄子さんも出没とか、鉄道マニアは多いですね(^^ゞ

福岡の博多駅で、入って来る列車や、出て行く列車を、
ホームの端の方で撮ってる方を見ましたよ。

あの駅は色んな列車が入って来ますね。
湯布院号なんてステキでした(*^^*)

おはようございます

ベル様
そうですね、まさに鉄ちゃんですね。
大学時代には、リュックを背負い夜行列車に飛び乗って、行き先プレートをこっそり剥ぎ取ってリュックに入れていました。
際どいことをしていたものです。
今週の土日は「下灘駅」を採り上げます。

鉄ちゃんらしい、絵になっていますかどうか?
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。