スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白楽天(今治)」・「愛媛グルメ紀行」 106

今日は、今治市常磐町にある中華料理店の老舗”白楽天”さんをご紹介しましょう。


仕事の関係で、若い同僚と今治に行った日のことです。


今治の市内中心部の、松山地方法務局”今治支局”の隣にあります。


世界の"丹下健三”氏が設計したことで有名な”愛媛信用金庫今治支店”の奥です。

玄関1   実に堂々とした店構えです。


このお店の開業は1970年(昭和45年)と言いますから、今年で開店41年目のお店です。


業態は、本格的中華料理のお店です。


若い同僚の発案で、「せっかく今治まで来たのですから、今治で売り出し中の”焼豚玉子飯”を食べましょうよ」という提案に乗りました。


でも、どのお店が美味しいのかという情報を持っていませんでした。

メニュー2   そこはすかさず若い同僚、”スマートフォン”で検索しこのお店に行き着いたと言うわけです。


メニューを見ると、一般的な中華のメニューの中に”当店名物”と銘打って”焼豚玉子飯”が載っていました。


そこで、若い同僚は”焼豚玉子飯(このお店では単に”玉子めし”と言っていました)”を注文。


ワタシは○○の一つ覚えとばかりに”チャンポン”を注文しました。


このお店のメニューは実に幅が広いんです。何と”サッポロラーメン”までありました。

焼豚玉子飯3   さて、お目当ての”焼豚玉子飯”です。


お値段は700円。


ワタシが注文した”チャンポン”も同じ700円です。


”焼豚玉子飯”は、ご飯の上に鉄板(?おそらく)で焼かれ、甘めのタレを付けた焼豚を乗せ、更にその上に半熟玉子焼きが2個乗っかって出されました。

焼豚玉子飯アップ4   実は、7月7日の”真っ当な「B級グルメ店」82”で、南吉田町にある”炭火焼 豚丼 柏家”さんをご紹介しました。


あのお店の”炭火焼 豚丼”は北海道の”帯広・十勝"地方の食べ物でした。


今治のご当地B級グルメの”焼豚玉子飯”の方は、甘めのタレがたっぷりかかった焼豚の上に、半熟玉子焼きを乗せた感じの食べ物でした。


今治には昔から地域名物の食べ物として、鉄板で焼く”焼き鳥”がありますが、最近ではそれに加えて”焼豚玉子飯”を、”B級グルメの切り札”として今治地区の地域興しの主役に位置づけ売り出し中です。


八幡浜の”ちゃんぽん”(八幡浜ではひらがなで表記しています)と同じ位置づけですね。


同僚の味の評価は「タレが甘いけど、焼豚が香ばしくて、しかも半熟玉子焼きを溶いて混ぜると二種類の味が楽しめる」と、好評でした。

チャンポン5   さて、ワタシが注文した”チャンポン”です。


チャンポンのスープは、片栗粉を溶かしいれてとろみをつけてありました。


そのとろみが、といいますか粘りが半端ではないのです。


スープの中の中華麺が、とろみで完全にくっつき固まって、解(ほぐ)れないんです。


ですから、麺を食べるのは大変な作業になります。当然のように熱々のスープですから、舌を火傷しないように注意しながら中華麺をすくい取る。


ところが麺が固まっていて、すくい取ろうとしても、麺がまとまってしまっていてすくい取れない。


味を味わう余裕などありません。スープは実に上品な薄味でしたが・・・・

チャンポンアップ6   この画像で、容易ではないとろみを感じ取っていただければ・・・


チャンポンの具材は、キャベツ、モヤシ、キクラゲ、ニンジン、長めにぶつ切りしたネギ、豚肉、そしてイカです。


それを味わおうとしても、余りに粘り気の強くて熱いスープなので、味わう余裕がありませんでした。


十分に美味しさの片鱗は味わえたのですが。


「さすが老舗の味!」と言うところでしょう。


「そもそも、真夏に”チャンポン”を選択するほうが間違いでしょう!」とは、若い同僚の意見。


まったく反論の余地はありませんでした。


クールビズのつもりのワイシャツが、大汗でグシャグシャになったという結末に終りました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

焼豚玉子飯

焼豚玉子飯、本場で食べて見たいですv-353

美味しそう~v-424

ちゃんぽんは私はあまり食べませんが、他のブログとかでたまに見かけます。

あんかけタイプのちゃんぽんは、松山でも老舗で出てくるようですので、お嫌いでしたら事前に調べたお店以外では、頼まないほうがいいですねv-356

自分で麺をほぐしながら食べてくださいv-406

そうですね

アップル様
同僚の感想では、半熟玉子が濃厚で官能的な味だったとか。

チャンポンは失敗でした。情報不足ですね。
元々、片栗粉入りの餡かけタイプは好きなのですが、余りにも粘度が強すぎでした。
でも、大汗かきながらも完食しました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。