「かつ花」・「愛媛グルメ紀行」 125

今日は、南環状線からちょっと入ったところにあるトンカツ屋さんの”こだわりとんかつ かつ花(ロ-ズハウス)”さんをご紹介します。


場所は朝生田町3丁目、南環状線沿いにある”カメレオンクラブ”の裏です。


子供達がまだ小学生だったころ、”カメレオンクラブ”には散々通わされたものです。

玄関1   正面玄関の看板を見ると”ローズハウス”と書いてあります。


このローズハウスは、このお店の他に余戸南の国道56号線沿い(坊ちゃんスタジアム入口)にレストランの”ローズハウス”を運営しています。


その他フライブルグ通りの南江戸で、会席料理のお店”花ぜん”を運営していて、飲食業界では様々な業態をグループ運営する会社として歴史ある会社です。

店内2   店内は広く、家族向けのメニューが並びます。


行ったのはお昼前でしたので、席は空いていましたがお昼が近づくにつれて、家族連れや職場関係のグループが次々と訪れていました。


以前は三津の祓川にもお店があって、そちらには行ったことがあるのですが朝生田町のお店は初めてでした。

メニュー3   メニューは驚くほど多く、選ぶのに迷うほど。


今の季節を感じさせる”鱧(はも)”を使った”鱧かつ”がメニューに加わっているのには驚きました。


ですから、”エビフライ”や”コロッケ類”などはお手の物です。


とんかつ版の一種の”ファミレス”的なお店のようでした。


メニュー開発と、素材を厳選すること、揚げたてを美味しいうちに提供することにこだわったお店のようです。

とんカツ定食上4   ワタシが注文したのは”とんかつランチ”840円です。


とんかつ屋さんでは”ひれかつ”を注文することが多いのですが、最近”ひれかつ”の上品さに飽き足らなくなっていたので、断然”とんかつ”を選んだのです。


ランチには、味噌汁、ご飯、香の物とコーヒーが付きます。


ご飯も付け合せのキャベツも、そしてコーヒーもお代わり自由。


まあ、もうお代わりをするほどは食べられなくなっていますが。

とんカツ5   サクサクに揚げられた”とんかつ”は、脂身が少なくまるで”ひれかつ”のようにアッサリしていました。


まあ今時ですから、”脂身”を敬遠するお客さんが多いのでしょうね。


”とんかつ”は、金網の上に乗せられて提供されますので、とんかつの揚げ油の熱でとんかつ自身がフヤフヤになるのを防ぐ工夫がされていました。


キャベツにかけるドレッシングも、バランスがとれたオリジナルな味付けのようでした。

とんカツ断面6   ちょっと”とんかつの断面”を見てください。


薄く脂身が斜めに走っていますが、しつこさを感じさせません。


実に軽く”とんかつ”を味わえます。


やはり、多種多様なお客さん層を意識して、万人向けになるような調理でした。


最後に一点だけ、お店の正面にある窓ガラスの内側の障子が、斜めに大きく破れたままになっていました。


従業員のどなたでも結構なのですが、お店の顔の部分の障子紙は、破れを補修されたほうが・・・・


でも、”とんかつ”は間違いなく美味しく頂きました。「ご馳走様でした」



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード