スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「にちょう」・「愛媛グルメ紀行」 108

今日は国道56号線沿いの余戸東2丁目にある”にちょう”さんをご紹介します。


場所は、56号線沿いの”そば吉余戸店”の3軒南です。

玄関1   大型店舗です。


このお店の二枚看板が、”炭火焼豚丼”と”讃岐うどん”なのです。

看板2   国道56号線を、伊予市に向かって走っていると、進行方向の右手にこの大きな看板が目に入ります。


まず”炭火焼豚丼(ぶたどん)”は、7月7日に”真っ当な「「B級グルメ店」”シリーズの82でアップしました。


アップしたお店は、南吉田町にある”炭火焼豚丼柏家”さんです。


その時にも書きましたが、”炭火焼豚丼”は北海道の”帯広・十勝”地方では広く食べられている食べ物です。


その帯広名物の”炭火焼豚丼”と、一方のウリモノである”讃岐うどん”の組み合わせは、どこから出てきたのでしょう。


このお店の店名”にちょう”さんの由来をたずねると、店員さんは「別に特別のものはないと思います。多分社長のオモイツキ・・・・それと、豚丼とうどんの二枚看板で、イッチョウ、ニチョウと・・・・」という応えでした。


開店した時期は?「5~6年前でしょう」と、これもあっけらかんとした答えが返ってきました。

メニュー3   さて、メニューを見ますと、バラエティーに富んでいて、メインの”炭火焼豚丼”と”讃岐うどん”を中心に、メニューは横へ横へと広がりを見せていました。


うなぎの蒲焼”や”うな丼”はもちろん、名古屋名物の”ソースかつ丼”や”唐揚”などなど。


そこで、”石焼豚丼”880円を注文しました。

石焼豚丼上4   これは、”炭火焼豚丼のビビンバ版”です。


石焼の器に、ウナギのかば焼きのタレに似た、独特のタレが大量にかけられたご飯の上に、炭火焼した豚とキムチと大量の刻みネギが乗っています。


このお店のタレは、かなりハッキリした味で、テーブルに置いてあるタレを追加すると辛くなりますからご注意を。


必ず、自分の舌でタレの味を確認してから、それでも尚と言う方はどうぞ。


小皿にスプーンが付いているのは、ビビンバ風に徹底的にかき混ぜて食べるという前提だからです。


もちろん、日本人風にご飯の小山を箸で崩しながら、ご飯はご飯、炭火焼豚は豚肉、キムチはキムチと行儀よく、別々に食べることは自由です。

石焼豚丼5   これが混ぜる前の姿。


これを「これでもか、コレデモカ・・・」と言う風に、ご飯に粘り気が出るまでかき混ぜます。



ところで、混ぜながら気がつきました。


ビビンバ(韓国の発音に似せるとビピンパッツプ)は、混ぜるときに、ワカメスープなどのスープ類を垂らして混ぜます。


すると、ご飯がバラバラにならず、適度な粘り気とスープの旨みが加わり、”複合の味”が楽しめるということになります。


ところが、この”石焼豚丼”には、注ぐべきスープが付いていません。


まさか、味噌汁を注ぐというのもね。


すると、スープが加わらないビビンバの味はどうなるか?

アップ6   これが炭火で炙った豚です。


この香ばしい匂いに、食欲がそそられます。


真夏に「ブタドン???えーーーー???」


いえいえ、この匂いの誘惑には勝てません。

混ぜた7   さてこれが混ぜに混ぜた”石焼豚丼”です。


韓国の方に言わせると、「まだまだ混ぜ足りない」と言われるでしょう。


ご飯はスプーンで、豚肉はお箸で、という奇妙な組み合わせで頂くことに。


これだけの大型店を維持されているので、多数のお客様から根強い支持を得ていることでしょう。


ワタシのメニュー選択が間違ったのかも。


韓国ビビンバの”奥深い複合の味”が懐かしく感じました。


でも、この感想はあくまで個人的なもの。


「このしっかりした力のある味に限る!」と、絶賛され方も当然いらっしゃるでしょう。


ご馳走様でした。完食しました。


真夏のスタミナ補給の切り札です、間違いなく。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。