「楊貴園」・「愛媛グルメ紀行」 115

今日は、”元鷹子温泉"前、横河原線の踏み切りの前にある中華料理屋”楊貴園”さんをご紹介します。


ワタシの家の直ぐ近くなので、ここにお店があることは知っていましたが入るのは初めてです。

玄関1   店主で調理人とフロアー係りの、若い二人でお店を切り盛りされています。


この地でお店を開いて4年だそうです。


報道等によりますと、来年には”鷹子温泉”が復活するとか。


ワタシは、”鷹子温泉”の泉質とややぬる目の温度が大好きで、自宅から近いこともありよく通っていました。


このお店も、”鷹子温泉”の完全復活を祈っている方々の一人でしょう。

定食メニュー2   メニューを見ますと、街場の中華料理屋さんのそれです。


メニューの数は多彩で、予約をすれば宴会もできます。

カウンター席3   4人掛けの椅子が中心ですが、小上がりの座敷もあって落ち着いて食事が出来ます。


しかも、店内は清潔で掃除がよく行き届いていると思いました。


店の直ぐ裏が、横河原線の踏み切りなので、時折電車の走り抜ける音と踏み切り遮断機のチンチンという音が響きます。


まるで、都会のガード下の雰囲気がして、気楽な一杯飲み屋的ムードが楽しめて、ワタシには懐かしく感じさせていただきました。

冷やしつけめん4   注文したのは、”裏メニュー解禁”というキャッチコピーの下に「今年は冷やしつけめん」ですとあって”NEW”の文字が躍っていたので、迷わず”冷やしつけめん中”を頼みました。


出てきたのは、一度湯がいてそれを氷水で絞めた中華麺に、結構たっぷり目の漬けダレです。

冷やしつけめん5   具材は、キュウリ、トマト、さらしネギ、刻み海苔、そしてチャーシューというシンプルな組み合わせ。


でも、これが実にアッサリして箸が進みます。


意外だったのは、ざる蕎麦などに乗せられて出てくることが多い”刻み海苔”、これが中華麺を漬けダレでいただくときに合うんです。


お値段は、”冷やしつけめん”の小が600円、中が700円、大が800円です。


画像は”中”ですが、普通の方ならこの量で十分だと思いました。

漬け汁6   これが漬けダレですが、これが優れものでした。


漬けダレの中には、”トロロ昆布”が入っており、適度な酸味のタレにまろやかさと奥深さを演出していました。



ですから、箸がドンドン進み、あっという間に平らげました。完食です!


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード