スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あたりや」 真っ当な「B級グルメ店」 101

昨日は、”真っ当な「B級グルメ店」シリーズ”の100番目のお店として、東温市横河原駅近くの”門田商店”を採り上げました。


”門田商店”の開業は明治18年、今の”アイスキャンデー”を売り始めたのが昭和11年。


今日は、同じような趣旨で旧市内、千舟町にある”あたりや”さんをご紹介しましょう。


あたりや”は、終戦直後に開業されたそうです。


ですから、既に60年を大きく越えています。


横河原の”門田商店”が”かど店”と呼ばれ親しまれていたように、千舟町の”あたりや”さんは昔から”小坂のカドの店”と呼ばれ、家族連れや子供たち、カップルたちの夏のメッカでした。


松山の”カキ氷屋”さんの草分けです。

玄関1   また、”あたりや”さんは、お城下の夏の風物詩的なお店です。


”あたりや”の店頭に、大きな”切り西瓜(すいか)”が並び、"カキ氷”の旗がはためき始めると、松山も夏です。


昔は、各家庭に冷蔵庫も冷凍庫もなかった時代が続きました。


ワタシはそういう時代を過ごしてきた世代です。


当時は”西瓜”を冷やすのは家の井戸です。ましてや”カキ氷”など、夏祭りに出る屋台でしか食べることが出来ませんでした。


そういう時代に、製氷会社から大きな氷の塊を仕入れ、”おがくず”の中に入れて解ける速度を遅らせながら、お店の前で”カキ氷”や、氷で冷やし大振りに切った”切り西瓜”を売ったのです。

店内2   ワタシは、高校時代からこのお店に通っています。


高校時代に下宿していたところから近かったので、奨学金が支給された日にはお金を握り締めて”あたりや”で”カキ氷”や”氷西瓜”を楽しんでいました。


その当時のお店は、今の様なビルではなく、普通の商家風建物で、千舟町通り側には大きな”よしず"蛾張り巡らされており、お店の奥には巨大な西瓜がネットで崩れないようにとめられていて、その上から井戸水が滴り落ちる様子が道路からの覗けたものです。

メニュー3   ピンボケの画像で恐縮ですが、メニューの内容や値段は昔と殆ど変わっていません。


今は創業者の娘さんがお店を切り盛りされています。


ワタシが高校生で通っていた時代にも、お父さんを手伝っておられたのを、高校生の目で見ていましたから懐かしくご挨拶しました。

氷すいか4   ワタシのお目当ては”氷西瓜(すいか)”です。


お値段は690円です。


”西瓜”で690円?


「高ーーい!」と思われる方が多いかも。高い理由は最後に。


"氷西瓜ハーフ”で500円というメニューも用意されています。

ストロー5   商品としては実にシンプルで、大ぶりに西瓜をカットしたものを並べた上に、氷を掻き下ろし、その上に”みぞれ”にかける透明の”シロップ”がかかっています。


このシロップの蜜の味が美味しいのです。


西瓜(すいか)の美味しさは言うまでもありません。それはこの”氷西瓜”の命なのですから。


でも、西瓜を全部食べ、氷も全部食べた後にお皿に残るのが、西瓜の香りが移ったシロップです。


それを余さず飲むために、最初からストローが用意されています。


最初からスプーンとフォークとストローのセットで出されます。


西瓜の種を脇に避けながら、シロップの最後の最後まで啜るのです。


これが”あたりや”の”氷西瓜”の食べ方です。

メロンクリーム6    こちらは、同僚が注文した”メロンミルク”です。


お値段は550円。


食べ終わるまでに、若い同僚は後頭部を何度さすって冷たさを凌いだことか。

切りすいか7   この画像は、お店のショーケースの内側から”切り西瓜”を見たところです。


冷たいショーケースに並べられている西瓜は、ご主人が一番の食べごろのタイミングを選びに選んで切り分けられたもの。


最近は”非破壊検査”の導入で、西瓜を切ってみなくてもその西瓜の糖度が分かるようになりました。


ところが、当時は最高の糖度が乗るタイミングを当てるのが、ご主人の名人芸でした。

すいか2個8   このお店の店主の最大の仕事は、最高の西瓜を仕入れること。


そして、ベストなタイミングでその西瓜に包丁を入れること。


今年は特に、”いい西瓜”を仕入れるのに苦労している、とは現在の店主の言葉。


大玉の西瓜に付いている値段を見て下さい。


中クラスの西瓜で、仕入れ値が6,500円です。


普通の西瓜は、スーパーや農協の店頭に並んでいる西瓜で一番高い値段で1,500円程度。


このお店の”西瓜”に賭ける情熱は、終戦直後から一切衰えていません。


今の店主さんにも、そのDNAはしっかり引き継がれています。


ですから、このお店の看板商品の”氷西瓜”は高いのです。


どうです?


あたりや”の”氷西瓜”を食べずに、夏が終われますか?


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー。また来てしまいました。
(昨日の書き込みのURLがイベントブログになります。是非行ってみてくださいー)
松山で生まれ育って28年、離れて8年経つとここに紹介されてる全てのお店が懐かしい~。ずーっと残ってる店と新しい店があって松山のグルメブログ見るの大好きです。
すいかが6500円!!!す、すごい。
ちなみに私は中学生の頃は夏によく「赤のれん」でカキ氷食べてました。あとは、飲み終わった後に「桝本」の辛麺と餃子!う~ん、食べたい!
私もこちらでグルメブログやってますー。今は120件くらいかなぁ(写真だけの店もありますが) おかげでどんどん太ります。15キロくらい太りました。(太りすぎ)

へー

お店があるのは知っていましたが、そういえばカキ氷は赤のれんでいつも食べていました。そういうお店だったのですね♪

スイカはいつも人からもらって食べるので、一度も買ったことがありません。
スイカのカキ氷か・・・かなり斬新ですねv-353
気になるアレンジなので、通りかかることがあったら、食べに行ってみますw

ありがとうございました

kaori様
 
再度コメント頂きありがとうございました。今度のチャリティーイベント、準備が半端ではないようですね。
ぜひ、行って見ます。行くお店も決めました。
ラリー形式のようですが、ワタシが知っているお店は1軒だけだったので、とりあえずそちらに行ってみます。
「赤のれん」聞いたことはあるのですが、多分行ったことはありません。
私は昔から「甘党」ではないので。
夏にカキ氷と氷西瓜とアイスキャンデーだけを偏食していました^^
残念ながら「枡本」さんも記憶がありません。
でも、多分まだまだ共通するお店が登場すると思います。
kaori さんのグルメブログも拝見します、楽しみです。

またまた^^

アップル様

またまた、コメントありがとうございます。
スイカのカキ氷、高校時代から食べていましたので、普通のメニューだと思い込んでいました。
珍しいメニューだったのですね。
そちらのほうが、驚きました。

ぜひお試し下さい。
暑い夏を凌ぐ秘訣ですよ。

はじめまして。

いつも拝見していますが、初めてコメントさせて頂きます。
私もブログをやっていて、『あたりや』について書いたのですが、
この店で青春時代を過ごされたじゅんさんの記事が大変参考になり
また、是非多くの方に読んでいただきたいと思い、
自分の記事内からこの記事へリンクを貼らせて頂きました。
勝手な上に事後報告で申し訳ありませんm(__)m
不都合があればリンク削除するので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

じゃんさんの活躍を、一読者としてこれからも楽しみにしています♪

おはようございます

ジンゴズンゴ様
ワタシのつたないブログにコメントいただきありがとうごあいます。リンクは大歓迎で、名誉なことです。
ジンゴズンゴ様の記事を拝見しますと、記事の内容が実に微に入り細に入る記事で、取材が大変だろうな、と感嘆の声を上げました。
いずれにしても、情報を補い合い、読者(いるとすれば)にとって、リアルで動機付けになる記事が出来れば嬉しいですね。
これまらも切磋琢磨して、せっせと記事を送り出すことにしましょう。

こんばんわ♪

早速のお返事、有難うございます。
まさか当ブログへ足を運んで頂き、
さらに感想まで頂戴するとは思ってもいなかったので、
すんごい恥ずかしいです。じゅんさん、褒め上手ですねぇ(〃∇〃)

こちらこそ大大大大感激です。寛大なお心とお気遣いに感謝いたします。
本当に有難うございましたm(__)m

じゅんさんの、長年に渡って蓄積された情報量。そして確かな鑑識眼。
ひめぶろぐで、いつも関心しながら拝見しています。
じゃんさんの100倍切磋琢磨が必要な私ですが(笑)、
お互いマイペースで参りましょう♪^^

Re: こんばんわ♪

ジンゴズンゴ様
こちらにも個別にコメント頂いていたのですね。ワタシはブログをアップし始めて2年足らず。知らず知らずの内に800回を越えていました。
ところが、今もってこういうシステムには疎くて、記事を書いて画像をアップするだけの知識しかありません。リンクを張るとか・・・・特殊なことになると、もうお手上げ。そういう訳で、コメントの御礼遅れたお詫びとさせて下さい。
そもそも、ブログを始めた動機は、ワタシが勤める会社のホームページを立ち上げるに当たって、ホームページの検索順位を上げるために、ワタシに白羽の矢が立ったというわけです。ですから、2年前はブログって何???という状態からのスタートでした。
書き始めてからの1年間程度は、文章だけのブログを書いていました。その当時はブログ=エッセイと思っていたからです。書き続けたお陰で、会社の検索順位もトップページに来るようになり、私の当初の役割は果たせました。
1年以上が経過し、文書だけのブログは地味だし、ネタ探しも限界に近づいていたので画像をアップするようになったのです。今では、毎日アップが、生活のリズムとなり、すっかり体に馴染んだというところです。これからも、好奇心が続く限りアップに挑戦しようと思っています。
お互いの励ましあいが、ブログを支える何よりの力です。文字通り切磋琢磨して、研鑽を積もうではありませんか。
最後に、お時間がある時に、ワタシの初期の文章だけのブログに目を通していただければ幸いです。「ひめブログ」には途中から参加していますので、私のサイトに着ていただければ初期のアップも見ることができます。「じゅんのつぶやき」で検査記していただくと、ヤフーでもグーグルでもトップに来ると思います。これからもよろしくお願いいたします。

発見!!

発見!!

子供の頃、祖父母に連れられデパートに行って、氷の中にスイカが入ってるものを食べた。。
最後に添えられていたストローでスイカ汁を飲んだ。。

そんな記憶が確かにあるのに誰もそんなメニューを知らない。
あれは幻か?と長年思っていましたが、今ここで発見!!
私の記憶は確かだった。。
祖父母に見守られ氷に埋れたスイカを食べた日。

記憶に間違いがなかった事とても嬉しいです。

それは良かったです

Yume様
私の随分古い記事を見て頂いたんですね〜‼️
そしてその事が、祖父母さとの思い出に繋がった。
そう言うシーンのお役に立てただなんて、ブロガー冥利に尽きると言うものです。
氷スイカは、私の高校生時代の思い出です‼️
今の妻とも高校時代に食べに行ったものですよ。そう言う思い出まで、今日のコメントで蘇ってきました。ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。