スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森の和 ダイニング 風音(カオン)」・「愛媛グルメ紀行」 146

今日は、久しぶりに今治に来ました。


三津浜のワタシの友人の情報提供のお陰です。


ご紹介するのは、しなまみ街道の今治側出口を下りて、国道196号線を横切り大規模な商業施設”イオン”を少し過ぎた辺りの道路沿いにある”森の和 ダイニング 風音(カオン)”さんです。


鉄板焼カウンター”を一種のウリモノに、日本料理から鉄板焼料理など幅広いメニューを誇ります。

玄関1   このお店のテーマは、お店の名前にもなっている””との対話です。


また、背景にある森を”北欧の白樺の森”に見立てて、森の中で仲間やお店のスタッフと語らう、そこから響きあうさんざめきの和音を大切にしたいというのが、お店のコンセプトのようです。


なお、お店の背後に見えるのは古代の”鯨山古墳”の森の木々です。


森は”鯨山古墳”の中心となる”三島神社”の境内(けいだい)となっています。


またこの古墳は、未発掘で県指定の史跡です。


森に木霊(こだま)する、人と人の心の会話、そこから生じる反響や、お店の料理に舌鼓を打つお客様の感動の広がり。


今の時代のさんざめきだけではなく、古墳時代から連綿と続く人の営みの響き、それらの"”を、このお店は取り込もうとしているかのようでした。

店内2   お店はお洒落で、少し気取った”ハレ”の舞台でした。


お店のテーブルに置かれた”ランチョンマット”の、瓢箪のような形をした模様が、このお店の”ロゴマーク”です。


背後の森から響いてくる会話や、このお店に集うお客様の会話や笑顔、スタッフとの交流をイメージしています。

森借景3   ですから、2階の窓は、背景の森を”借景(しゃっけい)”にしています。


そうです、単なる”窓”ではなく、”額縁”に作ってあり、背後の森を””に見立ててあるのです。

前菜とサラダ4   何時ものように、前置きが長くなりました。

ワタシが頼んだメニューは、”焼き音ステーキランチ”で、メインのフィレステーキは100g。


前菜に、小鉢が2種。それに生野菜サラダと赤だし、それに五穀米のご飯と香の物が出されます。


一番奥に見えるのは、ステーキのタレです。右端は”塩”です、ステーキの付け合せの”焼野菜”は塩で頂きます。

真ん中と左は、胡麻タレとポン酢タレで、ステーキのタレです。


食後にはデザートがついています。


ちょっとまとまった仕事をした、自分へのご褒美です。

五穀米5   こちらが五穀米のご飯です。


お代わりは自由ということですが、もうお代わりを出来る年代ではありません。

焼野菜6   ステーキに添えられている”焼野菜”です。


ステーキの付けあわせとして一般的なのはボイルした”温野菜”ですが、このお店は素材の夏野菜の味を生かすべく焼いています。


種類は、タマネギと揚げたナスと、かぼちゃ、それとかぼちゃ主体のムースのようなサラダです。


お塩で食べる焼野菜は甘い。

ステーキランチ上7   こちらが”焼き音ステーキランチ”の全容です。


どうです、豪華で華やかでしょう。森から吹く風の音をイメージしながら・・・・・でも、食欲が勝りました。

フィレステーキ8    これが”フィレステーキ”です。


敢えて、鉄板に乗せて出すことをしていません。鉄板焼として出すと、鉄板の熱で肉が焦げたり硬くなってしまいます。


フィレステーキの下には、このお店のオリジナル商品の”もち麦パン”が敷いてあります。


1階のショップでは、この”もち麦パン”や”もち麦せんべい”、更にはオリジナルの産直素材を生かしたドレッシングや、自然派食品の数々を売っています。

フィレステーキアップ9   ”もち麦パン”の目的は、ステーキの肉汁を逃がさないこと。


そして、ステーキを食べ終わったら、このパン生地で、プレートに残った美味しい肉汁を全て拭い取って余さず食べます。


一番美味しい部分をお皿に残すのは、腕によりをかけてステーキ用のソースを作ったシェフに失礼です。


もう、100gで満腹、満足です。


久しぶりに贅を極めたランチになりました。

デザート10   最後は”パイナップルのデザート”です。


甘くて爽やか。口の中に残った肉の脂分を綺麗さっぱり洗い流してくれました。


このお店は、この地を得て開店して8年目です。


最初は、お店の経営母体である”グリップ”というお店のショップとして、そして5年前には店舗を大幅に改装してこのレストランを作りました。


松山市湊町4丁目7-15には”glip plaza(グリッポプラザ)”というショップと和食のお店を出しておられます。


そこのシェフは、今治のこのお店と同じシェフが味を作っておられます。


三津の友人の何時もの情報提供に感謝し、お店を後にしました。素敵なお店と出会えましたことに深謝です。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんとグリッププラザが!

この場所にオサレな店があるのは存じておりましたが、
グリッププラザが出していたとは、初めて知りました。
貴重な情報を有難うございますm(_ _)m

パンで肉汁を残すことなく食べられるなんて、気が利いてますね♪
ステーキ、美味しそうだなぁー(#^.^#)

つながり

ジンゴズンゴ様

色々なお店を巡っていますと、様々なつながりがあり、それらが微妙に関係しあい、最後のほうではどこかでそういう「つながり」と自分もつながっていることを感じます。

でも、ジンゴズンゴさんのような、徹底した取材力と網羅性を欠いているワタシとしては、五感で感じたことを記すのが精一杯というところです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。