スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちゃーしゅー工房 久万ノ台店」・「愛媛グルメ紀行」 161

今日は、久万ノ台の南北の通り沿いにある”ちゃーしゅう工房 久万ノ台店”さんをご紹介します。


北海道ラーメン”と自ら名乗っています。


県立松山盲学校を少し北に進むと、道路の西側にお店はあります。


以前は”ラーメン どさん子”という札幌ラーメンのお店があった所です。


経営者が変わり昨年の12月に、店舗を改装して開店しました。

玄関1   この玄関に見覚えがある方もあると思います。


この”ちゃーしゅう工房”というのは一種のチェーン店で、本部は北海道の千歳市にあります。


北海道ラーメン”と名乗っていますが、一般的に言えば”北海道ラーメン”という統一的なラーメンはなく、それぞれ”札幌ラーメン”や”函館ラーメン”、更には”旭川ラーメン”などと、発祥の地名で呼ばれています。


また店外の看板には”北海道ラーメン”と言えば”味噌”でしょう、と大書されています。


これも敢えて正確に言うと”札幌ラーメン”を代表するものが”味噌ラーメン”であり、”函館ラーメン”と言えば”塩ラーメン”が一般的です。


更には”旭川ラーメン”は”正油ラーメン”(北海道では醤油を正油と表記することが多いそうです)で代表されるように、北海道のラーメン=味噌ラーメンではないのです。

厨房2   上に書いた様に、一般的には”北海道ラーメン”というジャンルはないと思うのですが、このチェーン店では、内地(北海道の人は、北海道以外を内地という)の人に分かりやすくという思いからか、自分たちのラーメンを”北海道ラーメン”と独自に呼んでいるにでしょう。


それこそ、まったく自由に使っていいのだと思います。

メニュー3   メニューですが、味噌ラーメンと塩ラーメンと醤油ラーメンが基本で、後は何を加えるかで幾つかのバリエーションが用意されています。


また、このお店の最大のウリモノは、店名にもなっている”ちゃーしゅう”(このお店では”焼肉ちゃーしゅう”と呼んでいます)で、チェーン店では独自な方法で作っています。


普通は寸胴鍋で、豚肉をタコ糸で硬く巻き絞めて醤油や酒やネギなどの匂い付けの野菜などと一緒に煮て作ります。


ところがこのチェーン店では圧力鍋を使い短時間で豚肉を煮ることで柔らかいちゃーしゅうを作り、それに独自のタレで両面を焼くことで完成させています。

ラーメン4   看板には、北海道ラーメンと言えば味噌でしょ!!と大きく書かれていましたが、ワタシは小さい声で””醤油ラーメン!”を注文しました。


北海道の札幌で、味噌ラーメンを始めて商品化した”味の三平”で既に名物となっていた”味噌ラーメン”を食べました。


その後何度か、様々な地方で”味噌ラーメン”を食べましたが、とうとう好きにはなれませんでした。


特に、あの大量の”モヤシ”が苦手です。


ですから、一番好きな醤油ラーメンにしたのです。


鍋焼きうどんを入れるようなにラーメンが入って出てきたのには驚きました。


それで、味は・・・・・これが奥深いスープの味で、意外と(スミマセン)いけたのです。


苦手なモヤシも全く気になりませんでした。


東京風の”醤油ラーメン”のようなあっさりした味というか、気取ったところがないのです。


骨太の、がっぷり四つに組み合って食べる、という感じの味わい深いラーメンでした。


麺は、もちろん北海道の各地のラーメンに多い、太麺のちじれ麺で、スープによく絡むんです。

餃子5   餃子は、特にくどくど書くほどのインパクトはなく、ゴクフツーの味でした。


ぜひ注文して試してみて下さい・・・・などとは書くことはありません。

麺6   そして、これがコクのある醤油スープによく絡んだ太ちじれ麺です。


麺の色と艶を見て下さい。


小麦粉が本来持っている味がよく出ているし、カンスイが麺に艶と弾力を引き出す効果を十分に発揮しています。


「麺がうまくなけりゃあ、本物じゃねえ!!」は、麺に自信があるからこそ言える言葉ですが、”看板に偽りなし”でした。
 
チャーシュー7   そして、これがこのお店の最大のウリである”チャーシュー”です。


撮影の角度がよくなかったのですが、水平から写すとこのチャーシューの分厚いところが分かってもらえたと思います。

そして、謳い文句通りに、箸で切れる柔らかさです。


国民生活金融公庫前にある”瓢太”の度を越した厚みとは到底比較になりませんが、他のラーメン店の少なくとも3倍以上の分厚さはあり、しかも炙ってあるので、香ばしくて、豚肉の油の甘さが出ている逸品です。 


今度は、”味噌ラーメン”に挑戦してみようか・・・?という気持ちにさせてくれました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ~♪

珍しく間を置かずに遊びに来ちゃいました(・∀・)v

じゅんさんの前置きはとっても親切で、いつも勉強になります。
そっかー。北海道ラーメンなんてモノは存在しないんですね。
私なんがそんなコトちーっとも気付かなかったですよ~(^_^;)

私はここのラーメンですら、脂っこく感じたのですが
じゅんさんはお気に召したようですね(#^.^#)
味覚は人それぞれですな~ぁ。

人によってその店に対する評価が違い、気付きも違う。
で、ブログ記事を読んでその気付きを共有する。
う~ん、食べ歩きブログって面白い♪

確かに

ジンゴズンゴ様
確かに「味覚」ほど、千差万別な分野はないなー、とつくづく思います。
ですから、食べ物のブログは難しいですね。
味覚は、それぞれの個人史に強く影響されていますものね。

でも、だからこそ、様々なお店がやっていけるのですから、世の中うまく廻っていますよね。

ただ、フランチャイズチェーン店のように、味の均一化を目指す方向性には、どうしても馴染めないところがあります。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。