スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中華料理 明星苑」・「愛媛グルメ紀行」 166

このところ、今日を含めて中華料理店の紹介が続いています。


それも、どのお店も小規模な、余り目立たないお店ばかりです。


ですが、そういう街の片隅で営々と料理店を続けておられることの存在理由を感じ取りたくて。


今日は、女性一人では先ず入れないだろうというお店をご紹介します。


それは、本町の電車通り、松山市中央消防署を西に折れ、県道六軒屋石手線(通称中央通り)沿いの萱町6丁目にある”中華料理 明星苑”さんです。

玄関1   先ず、この店構えです。


お世辞にも綺麗とは言えません。


駐車場もありません。



暖簾が何時も、半分めくれています。

頑固おやじ2   おまけに、お店に入ろうとドアに手を近づけると、このミニ看板が飾ってあります。


普通の女性なら、ここで引き返すでしょう。


どんな”頑固おやじ”なんだろう?と、好奇心でお店に入る女性客は先ずいないと思うのです。


で、ワタシは入ってみました。

メニュー3   店内は、玄関先に比べると意外と言えば失礼でしょうが清潔です。


ただし、”メニュー”はこの通り、かなり年季が入っています。


お値段はすこぶる安い!


週刊誌や古い漫画本や、新聞が棚に置かれていて、みなさん食事をしながら漫画を見ていました。


頑固おやじ”、ハイ、いました。その連れ合いと2人で店をまかなっているようです。

中華丼上4   静かに”中華丼”を注文しました。


お値段は、うれしい500円です。


すると、頑固おやじの目がギロッと光り、火口の前に立つと、「アレレ・・・アレ?」


という間もなく、5分もかからず”中華丼”を仕上げました。


多分、目をつむっていても”中華丼”の一つや二つは作ってしまいそうな手さばきでした。


客は、二人連れの近所のサラリーマンとおぼしき男性。


その二人が入ってくるなり、おばさんが「何時もの?」と、一言。

中華丼アップ5   さて、”中華丼”のお味です。


いやいや、中々のものです。


具材は、タマネギ、白菜、タケノコ、ピーマン、キクラゲ、ニンジン、豚バラ肉、エビ、うずらの玉子と、”中華丼”の王道通りです。


中華餡がマッタリとしていて、いいお味です。

断面6   これは、”中華丼”の断面。


中華餡の汁がご飯に浸みて、野菜類もハンナリと柔らかく、スルスルと口に入ってあっという間にお腹に収まりました。


このお店は、元々木屋町の通りで長い間営業されていました。


こちらに移って、通算で25年になります。


「ご馳走様でした、美味しかったです」と言って店を出るとき、”頑固おやじ”がニコッと微笑を浮かべました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。