スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レスロラン プッピーレ」 ・「愛媛グルメ紀行」 176

今日は、国道56号線沿いの大洲市新谷に古くからある”レストラン プッピーレ”さんをご紹介します。


帝京第五高校が、国道56号線をはさんだ向い側にあります。


国道沿いのドライブイン形式のレストランが軒並み閉店している中で、20年を遥かに越えました。

玄関1   この看板に年輪を感じさせられます。


最初は、1階を駐車場にして2階だけで営業していました。


ところが、押し寄せる来店客の多さに対応しきれなくなって、現在のように1階と2階で営業するように改装しました。


それからでも、もう17年が経過しています。

店内2   店内は広々としていて、2階まで併せると大規模なレストランです。


全てが個室になっていて、ゆったり落ち着ける雰囲気です。


ちなみに、ワタシが「1人なのですが・・・・」と言っても、ちゃんと4人掛けの個室に案内していだだきました。

メニュー3   メニューは、完全に洋食系レストランのそれです。


注文を聞く前に、水と水が入ったポット、香辛料セットにスプーンやナイフ、フォークそしてお絞りなどがテーブルにセットされます。

ドリア上4   そこでワタシは、”八幡浜直送本日の海の幸ドリア”というのを注文しました。


お値段は1,190円です。


出てきたのが、画像のコレ。”ベシャメルソース”がタップリかかっていて、それに焦げ目が付いていて美味しそうでした。

ドリア5   ”海の幸ドリア”の中身は、”ムール貝”が1個、大き目の”アサリ”は6個、”エビ”と”イカ”もタップリ・・・・・

と、ここまで来て「? ? ? ? ????・・・」    「ん????


「アレ、確か”八幡浜 直送本日の・・・”っていうメニューじゃなかったけ?」と。


ワタシは八幡浜ではありませんが、明浜町に5年間住んでいましたから、”宇和海”の”海産物事情”はよく知っています。


「八幡浜で”ムール貝”って採れたっけ????自然の”アサリ”が海岸から全滅してもう久しいし・・・・・”アサリ”の養殖を八幡浜でしてるなんて聞いたことがないし・・・・・」


「”イカ”は厚みがあって、側面には”飾り包丁”まで入れてある、こんな分厚い”イカ”が八幡浜で、今の季節に採れるわけないよなー・・・・・”エビ”は八幡浜で採れるけど、この”エビ”は明らかに八幡浜の”エビ”ではない!!!」

ムール貝6   そこで”ムール貝”に聞いてみました。


「君って、八幡浜から来たの???」


「県内では、愛南町で”ムール貝”が養殖されているのは知っているけど・・・八幡浜でもそうなの??」っと、重ねてたずねました。


ムール貝”はまるで”貝になった”かのように黙ったままでした。


「オイオイ、黙っていちゃあ分からないだろう?こんなに大きな口を開けているんだから、しゃべれるよナー」


結局、”本日八幡浜から直送された”という彼らは、誰一人真実を告白してはくれませんでした。


ワタシは、悲しくなって黙ってお店を出ました。


真実を最後まで語ってくれなかった”ムール貝”君や”アサリ”君には手をつけないままで。


で、お店を出た瞬間、あることが頭に浮かびました。


「アレ?、ムール貝君たち、”しゃべなかった”、あるいは”しゃべなかった”のではなく、”日本語”が通じなかっただけなのかな??・・・・・タガログ語?タイ語、あるいはマレー語だったら通じたのかな???」






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

ハハハッ!
面白い!
日本語の通じないムール貝・・・どこか外国のレストランで、
食べ放題に挑戦したな、そう沢山は食べられなかったけど(笑)
八幡浜を経由して着たと言う事に、しといてあげましょう(^_-)-☆

でもどのメニューも、結構なお値段ですね(^-^;
最近めっきり外食をしなくなった私です(笑)

おはようございます

ベル様
とってもおはようございます、です。
笑っていただいてありがとうございます。
結構高いお金を払っているのですから、それなりのものは出してほしいですよね。
これでも、一応「八幡浜漁協」に水揚げされているかどうかの確認取材をしたのです。
でも、その内幕を書いてしまえば、この記事は「ミもフタもない」味気ない記事になってしまうので、こういう風にまとめました。
笑っちゃったほうが、ずっと気が楽なので。ハイ。

No title

はは、それなら八幡浜直送とかわざわざ書かなくてもいいのに・・・と思いますよね。ところで愛南町ってどこですか???新しい名前?ですか??ずっと漁業関係で働いていたので町の名前は知っている方だと思うのですが、聞いたことがないー!
こっちでは、アサリがすごく高くてムール貝は安いです。でもアサリが食べたい・・・

おはようございます

Kaori様
おはようございます。こちらは、今、11月28日の午前7時9分です。

「愛南町」、確かに愛媛県人だって、「あれ??どこだっけ??」と迷ってしまいます。

平成の大合併によって、愛媛県も懐かしい町村名がだいぶ消えてしまいました。
「愛南町」は、旧の南宇和群に属していた、「御荘町」・「城辺町」・「一本松町」・「西海村」の4町村が、2004年(平成16年)に合併した町です。愛媛県では最南端の町で、南隣は高知県です。カツオの水揚げで有名な町です。

コメントまで拝読しました。

なんと漁協にまで確認されたとは!
素晴らしい執念…もとい、探究心です(笑)

まぁ、「八幡浜直送」ってなんか聞こえがイイし
プッピーレさんも色々大変なんでしょうねぇ。
深くは語らないでおきましょうか(^_^;)

裏づけ

ジンゴズンゴ様
やはり、疑念を抱いて、それを記事の中に織り込むとしたら、できるだけ裏づけを取っておかなければ、後で、先様にご迷惑をかけてしまいます。


一般人のブログは、私的なもので、影響力なんてないと思いますが、長く続けようと思うと、ほんの少しでも、扱う素材を丁寧に扱う、こう心がけています。
もっとも、完全とはいきませんが。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。