スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天下一品」・「愛媛グルメ紀行」 190

今日は昨日に続いて、全国的に店舗展開しているチェーン店のラーメン店である”天下一品 土居田店”さんをご紹介します。


松山には現在2店舗あって、ワタシが行ったのは松山一号店で、南環状線沿いの土居田町にあります。


昨日ご紹介したチェーン店との共通点は、全国展開の”チェーン店”であること、開店当初は店に入ろうとする車やお客さんで長蛇の”行列ができた”こと、そして開店後の現在は、客の行列が”以前ほどではない”ということの3点です。


チェーン店ではよく見かける現象ですが、あれほど”行列”を作ったお店がなぜ???


それを探ってみるのは、ワタシの仕事である不動産業者としても大切ではないか?との思いもあってお店に入りました。

玄関1   これがお店の玄関模様です。


時刻は、平日の午前11時50分。


通常なら、お昼のお客さんで駐車場が埋まっている時刻です。


このお店は、最近になって”特別セール"期間をもうけ、来店者には特別サービス品をおまけするというのをやっていました。


飲食業界で”特別セール”って・・・・・・

メニュー2   こちらが”メニュー”です。


このお店のウリは、”ラーメンこってりスープ”です。


注文をしようと、店員さんを呼ぶと、「当店では、”あっさり”味と”こっさり”味、それと”こってり”味の3種類のスープが選べます」と説明がありました。


そして、すかさず「当店では”こってり”味をお薦めしております!」と。


そこで、お店お薦めの”こってりスープラーメン”を注文しました。

ラーメン上4   この画像が、そのこってりスープの”ラーメン”です。


お値段は650円(内税です)です。


ある大阪の知人が、”天下一品”のラーメンのスープを称してこう言ったことを思い出しました。


「あのスープは”泥(どろ)”ですわ!、ワテラ、コテコテ大阪人でも、あの”ドロ”はよう飲めまへん。ただ、たまにあの”ドロスープ”にハマッテマウ人がいるんですワ」と。

ラーメン5   そして、お店の中には当店独特の”ねっとりとした感じのスープ”が合わないというお客さんがいらっしゃいますと書いた紙が張り出されています。


そして、その張り紙には当店の統計によると、約75人に1人の割合で残念ながら”スタミナスープ”を体質的に受け付けられないというお客様がいらっしゃいますと続きます。


最後に、アア、私は75人の1人だなあ、と思われたらお気軽に店員にお申し付け下さい。私たちは喜んで”しょうゆ味のラーメン”を大至急、もちろん無料でお作りさせていただきますと、結んでありました。


知人の大阪弁を借りるなら「これは、ケッタイナ!」ことになったと思いながら、恐る恐るその”こってりスープ”をすすってみました。

泥スープ5   この画像が、大阪の知人が言う”泥スープ”、お店が言う”スタミナスープ”です。


正に、”聞きしに勝る”(ちょっと、表現が古過ぎますね)ドロドロスープです。


大阪人はこれを””と言うそうですが、”言いえて妙”(これも古いナー)だと思いました。

残ったスープ6   ””だけは、かろうじて食べました。


でも、この””(の様なスープ)は飲めませんでした。


私は75人の中の1人なのか?


お店の中は、昼時を過ぎてもガラガラでした。


客が入らないお店の典型的な悪循環の一つですが、厨房でな店員同士で”私語”が・・・・・


お店に緊張感がないことがよく分かるシーンです。

かすれた文字7   ”ドンブリ”の”天下一品”の文字がかすれています。


地元の飲食店で、市内で数店舗を展開している店主が、当社の社長を訪ねてきて「最近客足が落ちて困っている。地主に地代値下げの交渉を・・」と相談に来ました。


社長が言いました「客足が落ちている原因を考えましたか?」と。


すると「このところの景気が悪くて・・・」などと、言い訳を言う店主に


「お宅で出しているドンブリや皿、何年使い続けていますか?ドンブリやお皿の文字が擦り切れたりはいていませんか?」と聞きました。


その言葉に、「今まで、ドンブリの文字のカスレのことを指摘した人などいなかった。もっと早く社長に相談に来るべきだった」とつぶやいて、一瞬にして首をうなだれた店主。


天下一品”さんを出るとき、店長とおぼしき人が玄関先で「どうか、これからも”天下一品”をよろしくお願いします」と丁重にお辞儀をしながら言われたことが印象に残りました。


「75人の中の1人だけが体質に合わない」と思っていて、このお店の将来はあるのでしょうか?


ひょっとして、今も熱心に通い続けているお客さんが、75人の内の1人なのかも知れない?と、一度考えてみてもいいのではないでしょうか。


あれだけ熱心に感謝の心を込めて挨拶する店長さんの、その”熱き心”を実らせるには、どうしたらいいのか?


あの店長さんに、心の中で”力強いエール”を送ってお店を出ました。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ど…泥スープ(~_~;)

未挑戦の店ですが、スープにすごいクセがあると
噂には聞いたコトがあります。
若い方にはケッコー受けが良い印象なんですが…う~ん。
店長さんの熱い心が報われる日が来るとイイんですがねぇぇ(-_-;)

聞きしに勝る

ジンズゴンズ様

あそこのスープにはたまげました。あのお店に行った動機は、うわさの”泥スープ”、今体験しておかなければ、何れ松山では食べられなくなると思ったからです。

話のタネとしての取材でした。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。