「ツイてる パスタココ」・「愛媛グルメ紀行」 193

今日は水泥町に、今年の4月にオープンしたばかりの新しいイタリアンレスランの”ツイてる パスタココ”さんをご紹介しましょう。


正式な店名表示は”tuiteru pasta coCco”と表記されています。


旧の国道11号線、今の県道松山川内線沿い、今年の4月にオープンしました。


平井を過ぎ、小野川橋を渡って道路の南側の”花ビルディング”という建物の1階にります。


表から見ますと、小ぶりなお店に見えますが、中に入ると奥が広がっていて結構大きなお店です。


駐車場も前に4~5台と、裏に10台が確保されています。

玄関1   こちらがお店の玄関で、隣はお花屋さんです。


お洒落な店造りで、女性客に受けそうな空間を作っています。


事実、ワタシが行った日のお昼時は、男性客はワタシ一人、他は女性のグループ客で客席はほぼ満席に埋まっていました。


若くあごひげのシェフと、若い女性2名のフロアー係りの3人でやっておられます。

パスタランチメニュー   メニューを見ますと、何種類かの”ランチメニュー”と、イタリアン系の洋食単品メニューも多く、中々本格的なレストランの品揃えでした。


でも、このお店の一番の”ウリ”は、1100円の”パスタランチ”でしょう。


その内容は、スープ+お好みのパスタ+おまかせオードブル+飲み物+デザートケーキです。


この中から、飲み物とケーキを注文しなければお値段は850円になります。


そこで、甘いもの苦手なワタシは、飲み物ケーキなしの、850円のセットにしました。


ただ、この値段も普通のサラリーマンの昼食としては手が出ない価格帯ですが、この地域の主婦連でお店は満ちていました。


なお、ワタシも普通のサラリーマンですが、何を惜しんでも昼食代だけは惜しまない、このシリーズを始めてそう覚悟というか諦めというか・・・・エエ。

スープ3   お好みのパスタは、”スモークサーモンと大根おろしの和風パスタ”を選びました。


それで、コースの一番最初に出されたのがこの”かぼちゃのスープ”です。


かぼちゃの甘さがよく出てて、喉にマッタリ絡む濃厚な味のスープです。

前菜4   こちらが、”おまかせオードブル”です。


手前は、パイ生地にチーズを乗せ、その上にほうれん草を乗せて更にチーズをかぶせてオーブンで焼いてあります。


アツアツで、なおかつチーズの風味がほどよく出ている”タルト”に仕上がっていました。

アサリ5   ”おまかせオードブル”のもう一つの主役は”アサリバター”です。


アサリをタップリのバターで炒め、ガーリックソースをタップリ廻しかけて更にオーブンで焼かれています。


これは、ガーリックと塩分が効き過ぎて、アサリの風味はぶっ飛んでいました。マア、豪快と言えば言えなくはありませんが・・・・。

スパ6   こちらが、選んだ”スモークサーモンと大根おろしの和風パスタ”です。


そもそも、イタリアンのパスタに”和風テイスト”を取り入れたのは、昭和38年、東京は渋谷宇田川町に7坪、カウンター席15席で開店した「壁の穴」さんです。


「壁の穴」の前身は、昭和24年にまでさかのぼれますが、細かいことは割愛します。


ともかく、”納豆スパゲティ”を作り、”シメジや椎茸のスパゲティ”、そして「壁に穴」を一躍有名にしたメニューが”たらこスパゲティ”です。


ワタシも、若いときに何度か「壁の穴」には通いました。


その思いもあって選んだ”和風メニュー”です。


大ぶりに切られた”鮭の焼身”をあしらい、スパの上には”大根おろし”が乗せられています。


見た目は立派に”和風”です。でも・・・・・・


パスタがガーリックテイストのオリーブオイルで炒められているので、味は”和風”とは言いがたい。


おまけに、乗せられた”大根おろし”の量が少なすぎるのか、大根おろしの香りや風味も全くありません。


材料は和風、味付けはイタリアンという、・・・・・ウーーン、実にジレッタイといいますか、中途半端な味に・・・・

スパアップ7   でも、周りのお客さんは、「美味しいねー」を連発していました。


隣に座った、ワタシとほぼ同年代の女性連(おばさんと呼ばれることが多い年代?)が、「ワタシラ、”女子会”シヨルンヨネーー!」


「え?ジョシカイ・・・・あ、そうそう、女子会ヨネー、コレ!」と笑顔ではしゃいでいました。


和風テイスト”に”和風”の味付けが出来ていないなどと、一人つぶやくおじさんを尻目に。


そうです、地域の客さんが自然な”笑顔”になるれ素敵な空間を提供していただいているのは確かな事実なのですから、それはそれで嬉しいお店の誕生ではありませんか。


この水泥町以外に、東温市重信の”クールスモール内”、それと古川西1丁目”ヒースビル地下”に姉妹店があります。






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

覚悟というか諦め…(笑)

なんというか、微笑ましい一文。
フードブロガーはこういう「仕方ないか…」って諦める場面が
多々ありますよね~www

和風スパゲティを初めて作った「壁に穴」というお店については
初めて知りましたよ。じゅんさんのブログはいつも勉強になりますm(_ _)m
しかもその店の味を実際に経験してらっしゃるとは!
食文化の移り変わりを実体験されてるからこその記事。
うーん、スゴイの一言です!!!

若いときから

ジンズンゴ様
個人でやっておられるお店に対して、厳しいことを言うことはできませんね。それに、お客さんの反応を見ていれば、味以前に、こちらも自然に微笑んできます。

「壁の穴」には若い頃通いました。「壁の穴」は後に、大阪の御堂筋にも支店を出しましたので、そちらへも行きました。更に、「壁の穴」というブランドでパスタ製品を製造販売したことでも有名です。
ということは、若い頃から食いしん坊だったということですね^^
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード