「愛媛グルメ紀行」 1,116

今日(実際は10月8日のことでした)は一人で、高岡町にある”味彩そば菊音”さんをお訪ねしました。

10月8日
私の最も好きなお店の一つで、妻と日曜日に行く”ドライブ+外食”訪問予定先、26軒の1軒です。


本物の”蕎麦”を楽しむことが出来る貴重なお店です。


愛媛県は蕎麦に関しては後進県だと思っていますが、このお店は胸を張れます。

CuOCfu6XYAErKF3_convert_20161010150027.jpg
この季節このお店は”新蕎麦”を出されています。使われている新蕎麦は”北海道産”です。


蕎麦は全消費の85%を輸入に頼っている食品ですから、国産蕎麦粉を100%使っていることだけでも贅沢です。


しかも毎日石臼で低速回転させて”自家製粉”され、当然に手打ちです。注文したのは”かきせいろ”です。

CuODZc1XYAETVRN_convert_20161010150050.jpg
さあ、挽きたて・打ちたて・茹でたての蕎麦を見てください。色艶が並の蕎麦とは違います。


更科系のように、蕎麦の実の中心部分だけを挽きますと白い蕎麦になります。


しかしこのお店の蕎麦は甘皮部分も少し残した蕎麦のようで、こちらの方が蕎麦の香りがより強くなります。それでいて上品さを残している。

CuOE8iZXYAAeRTP_convert_20161010150129.jpg
蕎麦に近寄って見ましょう。気品あふれる蕎麦の肌合いを御覧ください。瑞々しいでしょう!


このお店の店主さんは横浜で修行されたので、蕎麦汁は関東系。その辛目・濃厚な蕎麦汁に決して負けないパワーを秘めた新蕎麦です。


蕎麦汁に漬ける前に先ず4~5本蕎麦を掬って口に含み香りを楽しみます。

CuOGiFyWgAAe-rK_convert_20161010150201.jpg
今度は大ぶりの”牡蠣”(かき)がゴロゴロと入っている”蕎麦汁”を見てみましょう。


蕎麦は、北海道の草原で育ちました。サッと吹き抜ける風、身が締まります。


一方”牡蠣”は海のミルク。草原育ちの蕎麦と、豊かな海で育まれた牡蠣が、蕎麦汁の中で出会った。これを奇跡の出合いと言いたいのです。

CuOH6-vWEAA1WQ6_convert_20161010150240.jpg
蕎麦汁には、”三つ葉”が香り、”柚子”が一欠潜ませてあります。


蕎麦を啜り上げた瞬間、鼻孔の奥で柚子が瞬間に香るという趣向です。心憎いじゃありませんか!鼻がピクピク「早く喰えよ!」っと。


牡蠣”(かき)が蕎麦汁の中に隠れて出てこようとしませんでしたので、敢えて箸で掬ってみました。堂々とした”牡蠣”です。

CuOJVLdWYAEmJoR_convert_20161010150308.jpg
関東系の蕎麦汁は辛いので、蕎麦猪口に箸で掬った蕎麦を、ホンの三分の一ばかしチョイと漬けて、後は一気に蕎麦を啜り込みます。


蕎麦を辛い蕎麦汁にドップリと漬けてしまうと、蕎麦本来の香りを楽しめません。


でもこの”かきせいろ”、蕎麦汁に牡蠣の旨味が出ているのでドップリ漬けて啜ります。

CuOKlncXgAAgyFp_convert_20161010150335.jpg
蕎麦湯桶”(そばゆとう)が運ばれてきます。


薬味は晒ネギと大根おろしですが、蕎麦汁にはそれぞれ半分程入れて、半分は残しておきます。そして残った蕎麦汁に、半分残しておいた薬味を投入し、湯桶から”蕎麦湯”を注ぎます。


このお店の”蕎麦湯”は、本来の蕎麦湯に少量の蕎麦粉を溶き入れてありますのでやや白く香り高いことが特徴です。

10月8日最後
さあて、蕎麦はもちろんのこと、蕎麦湯を注いだ蕎麦汁も全部飲み干しました。


身も心も満足しました。


妻も蕎麦は好きなので、出来るだけ早く連れてきてやりたいと思いました。




「愛媛グルメ紀行」 1,103

今日は日曜日(実際に行ったのは9月18日)ですから、例の如く妻とセブンイレブンのソフトクリームを舐めながら産直市に行きました。

9月18日
途中から雨になりましたが、車内の中は笑顔と笑いで満ちたドライブになりました。

CsnNw4LUsAQcn0p_convert_20160930134306.jpg
ドライブしながら行った先は、西条市丹原にある”周ちゃん広場”と言う産直市です。


丹原町は農業が盛んで、果物も柿やブルーベリーなど多彩で魅力的な産直市場です。


今日は三連休の中日で、広い駐車場は満車状態でした。

CsnROiUVUAEq_98_convert_20160930134326.jpg
さて松山市内に帰って、リストアップしているお店に行ったところ、駐車場は満車で入れませんでした。


そこで、そのお店の近くにもリストアップしているお店があったので、そちらに行きました。


それが”そばすし 和食屋ところ 一りん”さんです。

CsnSz9sUIAEwDUR_convert_20160930134417.jpg
このお店は、8月30日にツイート済みです。その時は、妻の好きな”鯖寿司”がこのお店にあると言う情報を得ていたので、私が先に試食しておこうと思ってお訪ねしたのです。


ところが、その時には良い鯖が入っておらず、女将から「9月中旬以降に!」って言われていました。


女将に鯖寿司はどうか?とお尋ねすると「ええ〜!今日は入っていますよ」っと。


「ああ〜よかった!妻が鯖寿司好きなんですよ〜!妻に食べさせてやりたくて今日は来ました」と私が言いますと、お店の女性が「マ〜〜!優しい旦那さん!」っと溜息を。

CsnVU_nVYAAb-5T_convert_20160930134437.jpg
私、思いっきり赤面しました。その女性が「奥さんはお幸せですね〜!」っと続けられたので余計に赤面。


妻は私の隣でニコニコするだけです。


さて妻の好きな”鯖寿司”です。このお店の物は”バッテラ”ですが、味は似ています。

CsnWO1KVUAAdHgH_convert_20160930134501.jpg
鯖寿司は3切れですので、女将さんの勧めで、”半ざるそば”も同時に注文しました。


妻は「美味しい!」と言って、半分のざるそばが出てくる前にペロッと”鯖寿司”を平らげました。


妻を連れて来たのは正解でした。私にも笑顔が溢れます。

CsnZTM-UkAA9MzX_convert_20160930134528.jpg
私は”天ざるそば”を注文しました。


私が店内でざるそばを撮影している時、厨房から蕎麦を打っていた息子さんが客席に出て来られましたので、「前回このお店に来た時、お店を出て横断歩道を渡りますと、前のクリーニング店から若い女性が」っと私。


「その若い女性が私を見て、いきなり<じゅんさんですか?>って。驚きましたよ〜」っと私。


息子さんが「ええ〜!そのようですね〜!」っと。お店ではもう私が誰かは分かられているようです。


それにしてもこのお店の蕎麦は、旨い!

9月18日最後
妻だって、半分のざるそばをアッと言う間に食べ切りました。


二人で最後に蕎麦湯を飲んで、満足してお店を出ました。


お店を出ると勝手口から息子さんが出て来られて「今日はありがとうございました!」と挨拶されました。今日も楽しい日曜日になりました。




「愛媛グルメ紀行」 1,102

さて、今日の日曜日は”夫婦でドライブ”して、お昼は”外食”と言う習慣通りに午前10時頃家を出ました。


この日は”そば吉”さんに行く予定で、”そば吉”さんの数多いお店の中でも伊予市の国道56号線沿いにある”合掌造り”のお店を目指してドライブしました。


ところがそのお店は現在無くなっていたので、急遽56号線を引き返し北条方面の196号線に向かいました。

9月11日
なおお約束通りに、セブンイレブンで買った”ソフトクリーム”を二人で舐めながら、56号線→196号線とドライブしました。


私達夫婦は”ソフトクリーム”には目がないので、季節に関係なく食べます。

CsCsaHnUkAIJL-z_convert_20160915154555.jpg
この日選んだお店は蕎麦屋で、それも特に”そば吉”さんを選んだのには理由があります。


この”そば吉”さんは、松山の蕎麦屋としては一番の老舗でしょう。


このお店を選んだ理由は、味ではなく、懐かしい思い出のお店だからです。私達が出会った(妻高1、私高3)時によく行ったお店です。

CsCuLVGUIAA4kEf_convert_20160915154613.jpg
妻15歳私18歳の頃の事です。


その当時二人がよく行ったのが”ことり”と言う鍋焼きうどん屋、”和”と言うお好み焼き屋、”あたりや”と言うかき氷屋、そしてこの”そば吉”でした。


そしてこのお店で妻決まって注文したのが”田舎そば”でした。

CsCvCccVIAEtK0X_convert_20160915154632.jpg
あの頃は蕎麦屋と言えば”そば吉”さんしか無かったのです。


でも数多いメニューの中で、妻は”田舎そば”しか注文しませんでした。その点は明確に覚えているのです。


ところが、その当時私が何を注文していたのか?全く覚えていないのです。

CsCvpAmUEAA_qgB_convert_20160915154651.jpg
そこで止む無く、無難なところで”鴨なんそば”を注文しました。


それがこの画像です。

9月11日最後
妻は”田舎そば”を完食しました。「懐かしい!」と言いながら。


一方私は完食出来ませんでした。最近昼時には食欲が出ない事と、蕎麦に関する味覚が変わって来たからか?


帰り道夕食の買い物をして今自宅に着きました。約3時間半のミニ旅でした。



「愛媛グルメ紀行」 1,094

今日のお昼は(実際は8月30日でした)、仕事の相棒と此花町にある”そばすし 和食ところ 一りん”さんに行きました。


このお店を選んだ理由は友から、美味しい”バッテラ”が頂けると言う情報を貰ったからです。事前調査という訳です。


友は、妻が”鯖寿司”を好きな事をよく知っています。

8月30日
なお”バッテラ”と”鯖寿司”は鯖をネタにした”押し寿司”と言う意味では同じです。


厳密に言えば作り方がやや違いますが、その辺りにこだわりはありません。


このお店は業歴30年と言う老舗でお父さんが寿司職人、息子さんが蕎麦職人さんで、寿司と蕎麦の両方が売り物と言うお店です。

CrFCxQxWAAAk2ke_convert_20160906153334.jpg
メニューには”バッテラ”が、ちゃんと載っていました。一皿350円です。


妻と外食するお店のリストに入れたいと思い、”バッテラ”を試食する為に来たのです。


ですが、今の季節いい鯖が仕入れられないと言うことで、9月中旬以降でないと食べられないと言われました。やはり鯖も季節のものですね。

CrFDzEnW8AArnMN_convert_20160906153359.jpg
そこで止む無く”冷たいおろしそば”を注文しました。


このお店は元々”亀寿司”という寿司屋で、お店の名物ネタは”穴子ちらし”です。もちろん既に食べましたが、それはもう声を失うほど旨かった!ですね~!


そして息子さんは寿司職人にはならず、”蕎麦職人”の道を選ばれました。まだお若いのですが、既に一流の蕎麦を打たれます。

CrFHsgXXEAA8iwU_convert_20160906153421.jpg
つまり、”寿司”も”蕎麦”も一級品という、市内でも大変珍しいお店になりました。


ですから、昔からのお父さんのファンというお客さんと、新たに息子さんのファンになったという二通りのお客さんが来られますので、昼時は満席に近い。


客層が広いという特徴のあるお店です。

CrFEzBTWcAAOv0X_convert_20160906153443.jpg
なお上の画像は、今夜妻に食べてもらいたいと、持ち帰りの”だし汁巻き玉子焼き”を注文したものです。


このお店の”だし汁巻き玉子焼き”は、これはこれでとっても旨いんです。妻が喜ぶ顔が思い浮かびます。

CrFFzh0WAAEVnWn_convert_20160906153511.jpg
蕎麦を完食してお店を出て、目の前の県道に向かい側迄歩いていると、県道を隔てたクリーニング店から、「おっ!!!」っと声が漏れそうになる位美人の若い女性がクリーニング店から出てこられ、私を見ていきなり「じゅんさんですか?」っと。


私には、こんな若い美人の知り合いはいないはずです。すっかり???????でした。


私、どもりながら「ワ・・わ・・・私が”じゅん”だと、なぜ分かったの?」っと、その美人さんにかすれた声でお聞きしました。


「信号待ちしていた時、”一りん”さんの玄関を写真撮っていたでしょう〜!だから”じゅん”さんでは?と。私”じゅんのつぶやき”毎日見てますから!」と。


相棒が「この人、有名なんですか?」と驚いた顔して美人さんに尋ねましたところ、「ええ〜〜私の友人も見ていますよ」っと。

8月30日最後
相棒が車に乗りながら「Hさん、大したものですね〜〜”有名人”なんですね〜」っと目を剥いた。


そう言えば、飲食店で写真を撮っている時、時折声を掛けられることが増えています。やはり、継続は力ですね〜!


いずれにせよ試食なしで、妻と外食するお店に”リストイン決定”です。もっとドンドン候補を増やさなきゃ!







「愛媛グルメ紀行」 1,086

アイビーハウス”に行って、妻が”ゴールデンカレー”を”完食”した姿を見た日以降、スーパーに妻と買い物に行き、妻が食べたいと言う物を買って帰ることにしました。


私が手間暇掛けた料理はありがたいけど、妻は普段食べ慣れたもの食べたいと言うのです。


私の手料理は妻に対する愛情だ、と言う思いは”独り善がり”でした。

8月16日
愛情の押し売りは、真の愛情ではないと言う当たり前の事に気がつき目覚めました。


今後は”老人主夫の夕食”というツイートは止めます。その代わり、妻とお昼を食べに行った模様を(”愛媛グルメ紀行”として)ツイートすることにします。

Cp9GI2WVIAENwSX_convert_20160823130338.jpg
今日も、画像の”蓮の花”を見に行き、その後二人でお昼を食べに行きました。


私は単純に外食するというのではなく、ドライブを楽しむと同時に外食も楽しみたいのです。

Cp9HKYQVUAAkKPS_convert_20160823130358.jpg
妻に”蕎麦”は食べるか?聞いたところ「食べるよ!」というので、椿神社表参道沿いにある蕎麦屋の名店”無着庵”さんに行きました。


妻はうどんと蕎麦は食べますが、ラーメンとスパゲティ類は好まない事を知っていたのでこのお店を選びました。

Cp9Ik_yUIAAUEkf_convert_20160823130418.jpg
妻は”天せいろ”を選び、私は”辛味大根そば”を選びました。画像がそれです。


妻は「食べるよ!」と言っただけあって、蕎麦も天ぷらも全部綺麗に食べてくれました。


そう言う妻の姿を見ると、涙が出る程嬉しい。皮肉な事に、辛味大根そばは本気で辛く涙が出ました。

8月16日最後
蓮の花を見て蕎麦屋に行き、帰りにはスーパーに寄って妻が「これなら食べる」と言った食品を買って帰りました。


これからは、週の3回ほどお昼は妻と外食します。


そうすれば、妻とドライブも出来ますし妻が完食する姿も見ることが出来ますから。











プロフィール

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード