本当にお久しぶりで、嬉しいです

「ガド」様

頂いたコメントにお返しが出来なくなってるいるので、こちらに直接お返しします。


人は「完全。完璧」では決してありません。かくゆう私も、失敗だらけの人生でした。


失敗を経験したからこそ、今ある人生だと思っております。


さて、最近では定期でブログアップしていませんのでご存じない読者の方もあろうかと思いますが、実は私、今年5月中旬に愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科の主治医から「貴方はステージ4の「扁平上皮癌」で、「余命は半年」です」との宣告を受けました。


青天の霹靂でした。今は愛媛大学医学部附属病院第一内科に入院治療を受けております。私の癌はもう手術ができませんので、「抗がん剤治療」をうけています。毎日24時間点滴がこれから続きます。


私は決して「癌などには負けない」・「癌に打ち勝って正常に戻って、元の生活を取り戻すぞ!!」っと、思っております。


「ガド」さんともブロク上で良い交流をさせてた抱きました。今度こ美味しい酒とご飯を食べましょう。そして復活おめでとうございます






それはまた大変ですね

「H」様

コメント頂きありがとうございます。コメント欄に返信できませんので、こちらで失礼します。


奥様が子宮癌で、「H」様が奥様の介護を。最近の我が家と似た環境だったんですね。そのご苦労、ご拝察します。


私の妻も厳しい脳症に襲われて、その後遺症で脳に生涯が残りました。妻は死ぬまで人からの介護を受け続けないと、生きつづけることが出来ません。要介護3に認定されております。


私が健常であった頃は、訪問介護と私が在宅で妻を介護することで何とかまわっておりました。


ところがここにきて、思いもしない私への「癌宣告・余命半年」。私は狼狽(うろた)えました。妻を先に残しては決して死ねません。


幸い妻の処遇は「終の棲家」(一生住み続けることが出来る施設)グループホームが見つかり契約できましたので、私「最大の課題」は解決しました。


さて書いていただきましたテーマ、「是非妻より長く行きて・・・」ということは、医学的には不可能に近くなりました。1日月曜日から本格的な「抗がん剤治療」が始まります。


後は私の気力と踏ん張りにかかってきました。「癌細胞」たちに、一泡吹かせてやる覚悟です。


お互いに力を引き絞って、妻に対応できるよう頑張りましょう。




そっと了解です

「百蔵様


全て、そっと了解です。ありがとうございました。




入院しました

今日6月7日の正午ごろ、「愛媛大学医学部附属病院」の第一内科の病棟にやっと「入院」することが出来ました。


既にブログでも書きましたように、私は「癌宣告」を受け、「余命半年」のステージⅣということだそうです。


正式な病名は「転移性扁平上皮癌」で、厄介なことに、どこから転移したのか?元になった癌「原発癌」が見つからない、「原発癌不詳」ということだそうです。


ですから表面に見えている、右喉で瘤ができたように腫れている「転移性扁平上皮癌」を放射線治療などでやっつけても意味がない、直ぐに同じような転移性癌が次から次に出来るのだそうです。


そこで「原発癌不詳」という症状を持っている患者さんの治療実績がある第一内科の先生が、「私が引き受けましょう」と言っていただき、耳鼻咽喉科から第一内科に変わって「抗がん剤治療」を受けることになりました。


私はこの先生の独自な持論に基づく「抗がん剤治療」に賭けてみようと考えています。


そう簡単に死にはしません。しぶとくしぶとく「抗がん剤治治療」に挑み続け、必ず生存年数を延ばしてやろう!って気力は充実しております。


多くの読者の皆様方にご心配をおかけしておりますが、「じゅんのつぶやき」をしつこく継続してきましたように、私自身の「命の継続」にもしぶとさを発揮いたしますこと、ここにお知らせいたします。




おひさしぶりです

「中谷様」


中谷さんが私のブログにコメント頂いたの、初めてだったかも。(間違っていたらごめんなさい)


前の人にも書きましたが、「コメント」→「コメントお返し」ということが出来なくなっていますので、ブロブの本文でお返しします。


さて、私の「癌」です。本人がそれを医師から聞いて、一番驚きました。まさか?自分が???そういう思いでした。


障害を持っている妻の為にも、私は「生きたい」のです。


ところが医学的にはそれが「不可能」ということです。


私自身は「死」に対しては、何の恐怖心もありませんし、何時死んでも全く納得です


もう自分の思う存分のことをして、今日まで生きてきました。何一つ「心残り」はありません。


ただただ問題なのは、脳に障害を持って要介護認定されている「妻の、私亡き後の処遇」です。


まだ私の体が動くうちに、妻が「生涯暮らせる施設」で、その費用は私の「遺族年金」と妻自身の「年金」で賄っていける「いい施設」を、ケアマネさんの協力を得ながら探しているところです。


その目処も、もう間もなく付くでしょう。そうしたら、私は精一杯「抗がん剤治療」や「放射線治療」を受け、一日でも長く「延命の努力」をします。


ステージ4の「癌」ですから完治はできませんが、しぶとく「癌」とお付き合いして「生き延びます」よ。


「中谷」さん、私、そう簡単に「死にません」よ!!!






プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード